代表理事の挨拶

代表理事の挨拶

I-ROIのマークをウエブサイトの信頼のマークにしよう

インターネットは、スマートフォンの登場で新たな時代に入ったと言えます。インターネット上で流れ、ウエブ上で表示されるデジタルコンテンツの量が飛躍的に増大しただけではありません。インターネット上を流れウエブ上で表現されるデジタルコンテンツのクレディビリティ(信頼性)の低下が急速に進行し、インターネットの社会的存在そのものの危機を招いています。

確かに、インターネットの伝達技術の発達とデジタル作画の技術的進歩が、スマートフォンと言う小さなプラットフォーム上で、さまざまな動画の展開や消費者との相互通信を可能とすることになりました。しかし、このような技術的進歩の結果を、社会はそのまま肯定的に評価し、受けいれて居るわけではありません。

現実の問題として、スマートフォンの販売店は、お年寄りの顧客にスマートフォンを売ることを躊躇し差し控え、母親たちはスマートフォン上のコンテンツを信頼しない故に、小中学生の子供たちに旧来型の携帯電話を持たせるようにして居ます。

インターネットの伝達技術とデジタルコンテンツの作画能力の進歩が社会的信頼の醸成を伴わずに一人歩きし、そのために、インターネット上のデジタルコンテンツのクレディビリティ(信頼性)とコンプライアンス(法律遵守性)全体を損なうことになり、社会の側からの拒否反応を引き起こしているのです。今、インターネット・デジタルコンテンツのクレディビリティとコンプライアンスの回復が、何より必要とされています。

I-ROI(インターネットコンテンツ審査監視機構)は、企業や自治体・病院・学校など、さまざまな事業主体が組織内部にウエブサイト評価の責任者を置き、自主的にウエブサイトを規制をするシステム構築を、教育と資格認定を通してお手伝いします。

インターネットが社会的信頼を失いつつある現在、青少年に害を与える性的な画像の年齢別レイティングだけでは充分ではありません。最近問題となっているギャンブル性の高いスマートフォン上のサイトや、個人のプライバシー等人権を侵害するソフトも、当然、規制の対象とすべきです。

社会的コミュニケーションのツールとして発展して来たインターネットを本来の姿に戻し、社会の基本システムとして人々が安心して使用出来るものにすること、それがI-ROIの使命です。

白鳥 令
I-ROI代表理事、東海大学名誉教授

shiratori.jpg
I-ROIについて
代表理事の挨拶
事務局ニュース
組織 / 会員
顧問・理事
会員規約
FAQ
お問い合わせ
HOME
DCA資格認定制度
事務局への地図はこちら
会員ページへ
入会については事務局にお問い合わせください。
書類ダウンロード
公開書類・資料の入手はこちらから。