TOPICS一覧

TOPICS一覧:2013年6月

2013.06.18

事務局ニュース:「青少年の非行・被害防止全国強調月間」【内閣府】のお知らせ(2013/06/18)


 内閣府では、昭和 54 年度以来毎年7月を非行防止に関する月間としてきましたが、平成 22 年度、児童買春や児童ポルノといった福祉犯の被害防止も重点課題に加え、「青少年の非行・被害防止全国強調月間」と名称変更して実施してきております。
 I-ROIもこの活動の推進に協賛しております。会員及び関係者の皆様にも、本月間の推進にご協力いただきたくお願い申し上げます。


「青少年の非行・被害防止全国強調月間」について(内閣府)

◇ 趣 旨 ◇
 我が国は少子高齢化が急速に進行する中で,情報化,国際化,消費社会化等が進み,家庭,学校,職場,地域,情報・消費の場など青少年を取り巻く環境にも大きな影響を及ぼしている。
 青少年をめぐっては,平成 24 年の刑法犯少年の検挙人員は9年連続で減少しているものの,人口比では成人の約 4.3 倍と依然として高い水準にあり,少年による凶悪事件も後を絶たない。 また,児童虐待事件や児童ポルノ事件等による被害が増加するなど,少年の非行及び被害の両面において予断を許さない状況となっている。
 次代を担う青少年の育成は,国民全体に課せられた責務であり,国,地方公共団体,関係団体等が,それぞれの役割及び責任を果たしつつ,相互に協力しながら,地域が一体となった青少年の非行・被害の防止のための取組を進めることが必要である。
 このため,7月を「青少年の非行・被害防止全国強調月間」(以下「月間」という。)とし,青少年の非行防止等について,国民が理解を深め,さらに関係機関・団体と地域住民等とが相互に協力・連携して,青少年の規範意識の醸成及び有害環境への適切な対応を図るなどの各種取組を集中的に実施する。


◇ 期 間 ◇
   平成 25 年7月1日(月)から同月 31 日(水)までの1か月間


◇ 実施体制 ◇
   ・主唱 : 内閣府
   ・参加省庁等 : 各省庁、都道府県、市区町村
   ・協力団体 : 25団体(青少年育成関係団体 等)
   ・協賛団体 : 59団体(業界団体、業界自主規制団体 等)
      なお、I-ROIは協賛団体として協力


◇ 重点課題 ◇
   1 インターネット利用に係る非行及び犯罪被害防止対策の推進
   2 有害環境への適切な対応
   3 薬物乱用対策の推進
   4 不良行為及び初発型非行(犯罪)の防止
   5 再非行(犯罪)の防止
   6 いじめ・暴力行為等の問題行動への対応
   7 青少年の福祉を害する犯罪被害の防止


◇ 参照 ◇
  内閣府 共生社会政策統括官 青少年育成 平成25年度「青少年の非行・被害防止全国強調月間」のページ
   *内閣府のサイトにリンクしています

2013.06.12

事務局ニュース:安心協「保護者のためのスマートフォン安心安全ガイド」更新(2013/6/12)

安心ネットづくり促進協議会は、「保護者のためのスマートフォン安心安全ガイド」を、キャリア各社の青少年対応の進展等を踏まえ、記載内容、デザイン等更新しました。

安心協ホームページに最新版が掲載されており、研修会等での活用や自社HPへの掲載等、効果的に無償で利用することができます。

「保護者のためのスマートフォン安心安全ガイド」掲載ページ

  安心ネットづくり促進協議会のサイトにリンクしています

2013.06.12

事務局ニュース:文部科学省「ちょっと待って!ケータイ&スマホ」リーフレット掲載(2013/6/12)

文部科学省のサイトに「ちょっと待って!ケータイ&スマホ」リーフレット(平成24年度)が掲載されました。

このリーフレットは、特に携帯電話やスマートフォンなどのインターネット利用に際しての留意点やトラブル・犯罪被害の例、対応方法のアドバイスなどを盛り込んだ子ども向けのもので、A4版用紙に両面印刷して配布できる構成になっています。

子どもたちだけでなく親子で一緒に読んで、携帯電話やスマートフォンなどのインターネットを介して起きた事件例やその対処方法を知ったり、子どもに携帯電話やスマートフォンなどを適切に使うためのモラルやマナー、利用のルールなどについて、親子で話し合い、学び合うための参考としてください。

 「ちょっと待って!ケータイ&スマホ」リーフレット(平成24年度)

 文部科学省のサイトにリンクしています

2013.06.03

事務局ニュース:青山学院大学ヒューマン・イノベーション研究センターフォーラムのご案内(2013/6/26)

青山学院大学ヒューマン・イノベーション研究センターが主催するフォーラム「HiRC公開フォーラム2013 第1回 ソーシャルメディア時代の人材育成」が開催されますのでご案内いたします。

このフォーラムでは、当団体が推進する「デジタルコンテンツアセッサ(DCA)」資格と相互認定される青山学院大学の認定資格「ソーシャルコミュニティデザイナ」についての発表があります。
 また、当団体の理事である斉藤長行氏による「OECDの政策からみる青少年インターネットの利用環境整備」の報告も行われます。

開催概要
  名称:「HiRC公開フォーラム2013 第1回 ソーシャルメディア時代の人材育成」
  主催: 青山学院大学 社会連携機構 ヒューマン・イ ノベーション研究センター(HiRC)
  日時: 2013年6月26日(水曜日) 13:30?17:00
  会場:青山学院大学 青山キャンパス 総合研究所ビル(14号館)11階第19会議室
  参加費: 無料

  詳細URLはこちら *青山学院大学ヒューマン・イノベーション研究センターのページにリンクしています

2013.06.03

事務局ニュース:襟川 惠子代表理事代行が総務大臣表彰を受彰(2013/6/3)

当団体の代表理事代行である襟川 惠子(コーエーテクモホールディングス株式会社取締役名誉会長)は、平成25年度「電波の日・情報通信月間」記念中央式典における表彰にて、「情報通信月間」総務大臣表彰を受彰いたしました。

今回の受彰は「多年にわたり、一般社団法人デジタルメディア協会理事長として、デジタルコンテンツの流通促進に大きく寄与するとともに、デジタルコンテンツに係る諸問題の解決に積極的に取り組み、情報通信の利活用の推進に多大な貢献をした。」との功績を評価いただいたことによるものです。

平成25年6月3日(月)午前11時(予定)から帝国ホテル(千代田区内幸町1?1?1)で行われる、平成25年度「電波の日・情報通信月間」記念中央式典において、表彰が行われます

関連記事

平成25年度「電波の日・情報通信月間」記念中央式典における表彰

「情報通信月間」総務大臣表彰(PDF)


 総務省のサイトにリンクしています。

最新指導者用教材 公開中
インターネットを使いこなす6つのひけつ
ソーシャルメディアポリシー作成の手引き
 リーフレット『ネットの危険からお子様を守るために保護者ができること』をダウンロードできます
ネットの危険からお子様を守るために保護者ができること
DCA資格認定制度
事務局へのアクセス
会員ページへ
入会については事務局にお問い合わせください。
書類ダウンロード
公開書類・資料の入手はこちらから。