TOPICS一覧

TOPICS一覧:2015年10月

2015.10.15

【警察庁/報道発表】平成27年上半期の出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について

会員及び関係者各位

警察庁より「平成27年上半期の出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について」の報道発表がありましたので、お知らせいたします。

この度の調査では、出会い系サイトに起因する事犯の被害児童推移も前期より1割ほど増えており、特にコミュニティサイトに起因する事犯の被害児童の方が、出会い系サイトと比べて低年齢層の割合が多い傾向となっている。今回の発表では、被害児童がコミュニティサイトへのアクセス手段としてスマートフォンを使って被害に遭った割合は95.9%となっている。また、コミュニティサイトに起因する事犯の被害児童で、フィルタリングを利用していなかった被害児童は336人(96.3%)となっている。

是非とも、子どもが被害に遭わない様にするためにも、フィルタリングの利用とコミュニティサイトへの安易なアクセスをしない様に、注意を払ってください。

  • 平成27年上半期の出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について

(警察庁: 平成27年10月15日発表) https://www.npa.go.jp/cyber/statics/h27/h27_1.pdf

連絡先: 警察庁 サイバー犯罪対策   http://www.npa.go.jp/cyber/index.html

2015.10.08

【ご報告】当機構代表理事 白鳥令がウクライナより名誉博士号を授与されました

会員および関係各位

当機構代表理事の白鳥令に対し、添付写真の通り、この度(2015年9月18日)ウクライナ国立ドラゴマノフ教育大学より日本人初の名誉博士号の学位が授与されましたので、関係者の皆様にお知らせ申し上げます。
この名誉博士号は、白鳥が理事長をつとめる日本政治総合研究所を通し、JICA(国際協力機構)のアドバイザーとして昨年よりウクライナの民主化支援に集中的に取り組んだ際の教育面での功績と、白鳥の政治学者としての知識の卓越さを 評価して、ウクライナ国立ドラゴマノフ教育大学より授与されたものです。

DSC00248%20(2)-m-thumb-150xauto-44.jpg

白鳥当機構代表理事は、ウクライナの民主化支援と共に、国内のインターネットの信頼性維持と青少年へのインターネットリテラシー向上へも引き続き力を尽くして行きたいと述べておりますので、今後ともご指導ご支援の程お願い申し上げます。

事務局



2015.10.06

【内閣府】青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム in 岡山開催案内

会員および関係者各位

内閣府では、昨年に引き続き青少年のインターネット利用環境整備に関するフォーラムを(岡山県・山形県・栃木県)で開催いたします。 今回は、10月20日(火)に岡山県で開催されるフォーラムのご案内です。積極的な参加をお願い申し上げます。

  • 実施日時:平成27年10月20日(火)10:30?16:15(予定)
  • 実施場所:岡山県岡山市 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館

     (岡山市北区南方2丁目13-1)

  • 参加費 :無料
  • 募集人数:150名
  • プログラム:

 基調講演 竹内 和雄 兵庫県立大学 環境人間学部 准教授
 「青少年のインターネット利用における問題点は何か」
 テーマ討議?「フィルタリング利用率を高める方策について」
 テーマ討議?「インターネット利用のルール作りの推進について」

問い合わせ先
   内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付
   青少年環境整備担当 清水、松本、齋藤
   TEL:03-6257-1443(直通)

最新指導者用教材 公開中
インターネットを使いこなす6つのひけつ
ソーシャルメディアポリシー作成の手引き
 リーフレット『ネットの危険からお子様を守るために保護者ができること』をダウンロードできます
ネットの危険からお子様を守るために保護者ができること
DCA資格認定制度
事務局へのアクセス
会員ページへ
入会については事務局にお問い合わせください。
書類ダウンロード
公開書類・資料の入手はこちらから。