TOPICS一覧

TOPICS一覧:2017年6月

2017.06.29

【ご案内】健全性認定アセッサ向けデジタルコンテンツアセッサ(DCA)資格付与のお知らせ

当機構では、これまで会員のウエブサイトの健全性認定を行って参りましたが、この度、健全性認定のアセッサ有資格者向けに『デジタルコンテンツアセッサ(DCA)』資格付与の受付を開始しました。

健全性認定制度のアセッサは会員企業の業務担当者を認定するものであるため、異動や転職などにより資格を喪失してしまう場合がありました。そこで従来のアセッサ有資格者個人に『デジタルコンテンツアセッサ(DCA)』資格を付与することにより、個人の能力や知識を証明するものです。
なお、デジタルコンテンツアセッサ(DCA)資格制度については、下記の公式サイトを御覧ください。

DCA資格制度ホームページ

今回の資格付与の流れは以下になります。

1.当機構の「アセッサ研修」を受講されたアセッサの皆様は、I-ROIに所定の資格付与申請書を提出して申請料をお振込いただければ、『デジタルコンテンツアセッサ3級』資格を付与し個人名義の認定証を発行いたします。(申請料 5,000円)。

2.『デジタルコンテンツアセッサ3級』を取得し、I-ROIが実施する「デジタルコンテンツアセッサ2級コース」を受講して修了テストに合格した場合、申請いただければ『デジタルコンテンツアセッサ2級』資格を認定し、個人名義の認定証を発行いたします(申請料 9,000円)。

『デジタルコンテンツアセッサ3級』資格付与をご希望のアセッサは、下記の申請書に必要事項をご記入のうえ、I-ROI事務局まで送付ください。

デジタルコンテンツアセッサ3級資格付与申請書をダウンロード

【お問い合わせはこちら】
名 称 :一般社団法人インターネットコンテンツ審査監視機構 
住 所 :〒141-0022 東京都品川区東五反田1?9?4 五反田宏陽ビル2F
電 話 : 03-5739-1601
FAX : 03-6277-3116
メール でのお問い合わせはこちら

2017.06.29

【助成事業募集のご案内】一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会

会員及び関係者各位

日頃より、当機構活動への多大なるご支援を頂き大変ありがとうございます。
この度、一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会(Grafsec-J)より、2017年度の助成事業募集についてご案内申し上げます

【2017年度助成事業の募集開始について】

一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会(Grafsec-J)では、サイバーセキュリティに関する社会教育の推進、情報の共有と提供を通じて、サイバーセキュリティを基軸とした新しい社会基盤を整備するために、地域において積極的に活動する団体等を支援しています。
今年度も、地域における下記の対象事業に向けて助成金の交付事業を実施致します。

【対象】
公益を目的とし、「サイバーセキュリティ基本法」、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」及び関係法令に則して、次の分野の範囲において、地域に密着して活動する非営利型の法人、相当の
団体又は個人

?サイバーセキュリティに関する調査、研究及び情報の提供に関する事業
?サイバーセキュリティの普及及び啓発に関する事業

 ※「サイバーセキュリティ」には、それを維持するためのものを含みます。
  例)情報モラル、情報技術の利活用、利用者利便性の向上等

【募集期間】
2017年7月1日(土)?7月31日(月)
※電子メール又は郵送でご応募ください。
郵送の場合は当日消印有効です。

【申し込み・お問合せ】
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-1
一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会 
助成制度応募係
E-mail:office@grafsec.or.jp

【詳細はこちらをご覧ください】
http://www.grafsec.or.jp/home/aboutus/business_summary/grantproject/

-------------------------------------------------------------------

ご不明点、ご確認事項がございましたら事務局までお問い合わせください。
本助成制度を通じ、地域での活動がより活性化され、より安心、安全で活力ある情報環境整備に資することを祈念しております。
以上、よろしくお願い申し上げます。

一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会事務局
工藤 美貴
E-mail: miki.kudo@grafsec.or.jp
URL: http://www.grafsec.or.jp

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-1平河町森タワー
TEL: 080-9813-7688

2017.06.28

DCA資格2級・3級テキスト『デジタルコンテンツアセッサ入門』正誤表を掲載しました

デジタルコンテンツアセッサ入門.jpg

インターネットコンテンツ審査監視機構編『DCA資格2級・3級テキスト デジタルコンテンツアセッサ入門』(近代科学社刊)の正誤表を、「DCA資格制度」サイトに掲載したしました。

pdf版もご用意しておりますのでご利用ください。

正誤表はこちらから>『デジタルコンテンツアセッサ入門』正誤表

2017.06.21

【内閣府】「青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム 」のご案内

会員及び関係者各位

日頃より、当機構活動への多大なるご支援を頂き大変ありがとうございます。

内閣府では、平成28年度に引き続き、全国3ヵ所(鹿児島県、福井県、青森県)において、青少年のインターネット利用環境づくりフォーラムを開催します。
ご興味のある方は是非ご参加ください。

◇青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム開催日程・会場
 第21回 青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム in 鹿児島
  日時: 平成29年7月13日(木)10:00?16:00(予定)
  場所: 鹿児島県鹿児島市 かごしま県民交流センター 中ホール
      (鹿児島県鹿児島市山下町14-50)

  プログラム:
   ・基調講演 お茶の水女子大学 坂元 教授
     演題 「都道府県における青少年インターネット利用環境づくり?秋田県と東京都の事例?」

   ・討議テーマ 「つながり続けたいネット世代の郷中(ごじゅう)教育※を考える」
           ※薩摩藩における伝統的な教育法で、郷中(一定の地域)ごとに自発的に実践された集団
            教育のこと。子供を年齢別にグループ分けし、年長者が年少者を育成するというシステム。

  開催概要・申込チラシ
  http://www8.cao.go.jp/youth/youth-harm/koho/forum/h29/pdf/kagoshima_forum.pdf

  お申込みフォーム
   https://form.cao.go.jp/youth/opinion-0121.html

◇その他のフォーラム開催予定
 第22回 青少年のインターネット利用環境づくりフォーラムin福井
  日時 平成29年11月8日(水)10時から16時(予定)
  場所 福井県福井市 福井県国際交流会館 多目的ホール
      (福井市宝永3丁目1-1)
  詳細は準備中

 第23回 青少年のインターネット利用環境づくりフォーラムin青森
  日時 平成29年11月22日(水)10時から16時(予定)
  場所 青森県青森市 県民福祉プラザ 県民ホール
      (青森市中央3丁目20-30)
  詳細は準備中

 各会場の申し込みはこちらからお願いいたします。
 http://www8.cao.go.jp/youth/youth-harm/koho/forum/h29/index.html

◇ 【参加費】
  無料 ふるって参加をお願い致します。

◇ 【お問い合わせ先】
 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付
  青少年環境整備担当
  TEL:03-6257-1442(直通)


2017.06.19

【総務省】「青少年インターネット環境整備法」改正について

会員及び関係者各位

いつもお世話になっております。
インターネットコンテンツ審査監視機構(I-ROI)事務局です。
平素は当機構の活動にご協力いただき誠にありがとうございます。

2017年 6月16日(金)に参議院本会議において、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律の一部を改正する法律案(以下「改正法」という。)が可決・成立されました。

(概要)
●携帯電話インターネット接続役務提供事業者等の青少年確認義務
・携帯電話接続役務提供事業者又はその契約の媒介、代理を業として行う者は、携帯電話インターネット接 続役務の提供に関する契約の締結をしようとするときは、あらかじめ相手方が青少年であるかどうかを確認しなければならない。
・契約者が青少年でないことを確認したときは、その使用者が青少年であるかどうか確認しなければならない。
・青少年に使用させるために契約しようとする者は、提供事業者等にその旨を申し出なければならない。

●携帯電話インターネット接続役務提供事業者等の説明義務
・契約者又は使用者が青少年である場合、提供事業者は、携帯電話端末等からのインターネットの利用により青少年が青少年有害情報の閲覧をする可能性がある旨、フィルタリングサービスの利用の必要性及び内容、並びにフィルタリング有効化措置の必要性及び内容について、説明しなければならない。

●携帯電話インターネット接続役務提供事業者等の青少年有害情報フィルタリング有効化措置実施義務
・携帯電話インターネット接続役務提供事業者等は、携帯電話端末等を販売する場合において、契約者または使用者が青少年であるときは、フィルタリング有効化措置を講じなければならない。(青少年の保護者が希望しないときはこの限りでない。)

●インターネット接続機器の製造事業者の義務の対象となる機器の範囲の拡大
・フィルタリングソフトウェア等の利用を容易にする措置を講ずべきことを義務付ける規定の対象となる機器について、携帯電話端末及びPHS端末もその対象に含める。

●プログラム開発事業者の努力義務
・インターネット接続機器の動作を直接制御する機能を有するプログラムを開発する事業者は、フィルタリングサービスの利用を容易にする措置が円滑に講ぜられるように、当該プログラムを開発するよう努めなければならない。

●この法律は、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。

改正法の法案、概要等については、以下をご参照ください。
・法案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/housei/pdf/193hou20an.pdf/$File/193hou20an.pdf
・概要
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/housei/pdf/193hou20siryou.pdf/$File/193hou20siryou.pdf
・要綱
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/housei/pdf/193hou20youkou.pdf/$File/193hou20youkou.pdf
・新旧対照表
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/housei/pdf/193hou20sinkyu.pdf/$File/193hou20sinkyu.pdf
・経過
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DC482A.htm

2017.06.01

【内閣府】平成29年度「青少年の非行・被害防止全国強調月間」のご案内

会員及び関係者各位

 日頃より、当機構活動への多大なるご支援を頂き大変ありがとうございます。

内閣府からの案内です。
 内閣府では、毎年夏休みに入る7月を「青少年の非行・被害防止全国強調月間」と定め、関係省庁、地方自治体及び民間関係団体等と連携しながら青少年の非行・被害防止活動のための活動を全国で集中的に実施いたします。

 今年の7月では、青少年の非行・被害の防止について、国民が更に理解を深め、関係機関・団体と地域住民等とが相互に協力・連帯して、子どもの性被害の防止に重点を置きつつ、青少年のインターネットの適切な利用の促進や有害環境への適切な対応などの各種取組を集中的に実施することとなっています。
 つきましては会員及び関係者各位におかれましても、本取組へのご協力を頂けます、お願い申し上げます。 また、7月3日(月)には、平成29年度「青少年の非行・被害防止対策公開シンポジウム」が開催予定です。
ご関心のある方は、是非ともご参加ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
青少年の非行・被害防止全国強調月間
http://www8.cao.go.jp/youth/ikusei/h29hikokyo.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 期間
  2017年7月1日(土)から7月31日(月)までの1か月間
2 重点課題及び主な実施事項
  (1)子供の性被害の防止
  (2)インターネット利用に係る非行及び犯罪被害防止対策の推進
  (3)有害環境への適切な対応
  (4)薬物乱用対策の推進
  (5)不良行為及び初発型非行(犯罪)等の防止
  (6)再非行(犯罪)の防止
  (7)いじめ・暴力行為等の問題行動への対応
3 平成29年度の実施要綱等は、下記をご参照ください。
  http://www8.cao.go.jp/youth/ikusei/pdf/hikokyo/h29youkou.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年度「青少年の非行・被害防止対策公開シンポジウム」のご案内
  http://www8.cao.go.jp/youth/ikusei/symposium1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 日 時: 2017年7月3日(月)13:30?16:30(受付 13:00?)
2 テーマ:「 ?子供の性被害の根絶を目指して? 」
3 会 場: 都市センターホテル3階「コスモスホール?」
      〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1 (アクセス)
4 プログラム
 (1)基調講演 石橋 昭良 氏(文教大学人間科学部 教授)
 (2)パネルディスカッション
   パネリスト
    ・小西 康弘氏(警察庁生活安全局少年課長)
    ・東郷 良尚氏(公益財団法人日本ユニセフ協会 代表理事 副会長)
    ・安藤 久美子氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学教室 准教授)
    ・竹内 和雄氏(兵庫県立大学環境人間学部 准教授)
    ・石橋 昭良氏(基調講演者)
   コーディネーター
    ・堀 誠司 (内閣府参事官 青少年環境整備担当)

5 参加費:無料
6 詳細・お申込みは、下記をご参照ください
  (1)インターネットでの申込みはこちらから
  (2)FAXでの申込みはこちらから(PDF形式
   ※募集期間は平成29年6月29日(木)正午まで。ただし、申込先着順で定員に達した場合は締め切りとさせていただきます。

「青少年の非行・被害防止全国強調月間」問合せ先
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)
青少年環境整備担当
TEL:03-5253-2111(代表)
FAX:03-3581-1609

■ 事務所移転のお知らせ
2017年10月10日(火)より、新事務所に移転いたしました。

【新住所】
〒104-0042
東京都中央区入船2-4-3 マスダビル6F
TEL:03-6277-3895
FAX:03-6277-3116
アクセスマップはこちら
最新指導者用教材 公開中
インターネットを使いこなす6つのひけつ
ソーシャルメディアポリシー作成の手引き
 リーフレット『ネットの危険からお子様を守るために保護者ができること』をダウンロードできます
ネットの危険からお子様を守るために保護者ができること
DCA資格認定制度
会員ページへ
入会については事務局にお問い合わせください。
書類ダウンロード
公開書類・資料の入手はこちらから。